インタフェースの電子回路入門

雨宮好文 監修 ; 藤原修 著

本書では、メカトロニクスに内在する電子回路をセンサとアクチュエータとのインタフェースと考え、それに要求される信号処理の考え方を根底から説き起こしました。特に、メカトロニクスの信号処理に欠かせないICについては、実際によく使われるオペアンプとTTLとをとり上げ、これらを駆使できる技術が身につけられることを目標に解説しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 検出回路
  • 2 増幅回路
  • 3 演算回路
  • 4 パルス回路
  • 5 ディジタル論理回路
  • 6 IC論理回路
  • 7 記憶回路
  • 8 計数回路
  • 9 信号変換回路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インタフェースの電子回路入門
著作者等 藤原 修
雨宮 好文
書名ヨミ インタフェース ノ デンシ カイロ ニュウモン
シリーズ名 図解メカトロニクス入門シリーズ
出版元 オーム社
刊行年月 1999.8
版表示 改訂2版.
ページ数 190p
大きさ 21cm
ISBN 4274086801
NCID BA42994661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99117611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想