情報公開法 : その理念と構造

小早川光郎 編著

「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」、すなわち情報公開法が、必ずしも平坦ではない長い道のりを経て、このほどようやく成立するに至った。本書は、政府と市民との関係を今後大きく変えていくこととなるに違いないこの立法につき、その理念と構造を、七人の専門研究者の協力によって明らかにしようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報公開法の目指すもの
  • 第2章 情報公開法の成り立ち
  • 第3章 情報公開法の仕組み
  • 第4章 地方自治体の情報公開-近時の都道府県条例の比較検討
  • 第5章 情報公開法と開かれた社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報公開法 : その理念と構造
著作者等 小早川 光郎
書名ヨミ ジョウホウ コウカイホウ : ソノ リネン ト コウゾウ
書名別名 Joho kokaiho
シリーズ名 情報公開法
出版元 ぎょうせい
刊行年月 1999.7
ページ数 261p
大きさ 21cm
ISBN 4324058148
NCID BA42990693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99119785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想