清水義範の作文教室

清水義範 著

作文指導の極意は、生徒をほめることにある。文章にはうるさいパスティーシュの名手が、「東京先生」と名乗り、ファクシミリを使って、名古屋にある学習塾に通う小学生の作文添削に乗りだした。「何を書いてもいい。ただし、読み手に伝わるように書く」という清水流指導法は、小学生の作文をどのように上達させていくのか。子供たちが書いた作文と、それに付されたユニークなアドバイスを満載!子供のための作文入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 四月の日記/なぜつまらない作文を書くのか
  • 第2講 五月の日記/とにかくほめて楽しくさせる
  • 第3講 六月の日記/何を書いてもいいんだよ
  • 第4講 七月の日記/気を長く持たなければならない
  • 第5講 八月の日記/読書感想文の愚
  • 第6講 九月の日記/工夫を認め、悪ノリをゆるす
  • 第7講 十月、十一月の日記/テレビ騒動に気をもむ
  • 第8講 十二月の日記/私が得ているものも大きい
  • 第9講 一月、二月の日記/作文がうまくなれば頭がよくなる
  • 第10講 一年間をふりかえって/我が反省・遺伝子にあわせて指導する
  • 補講 その後の作文教室/子供の成長を見る楽しみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 清水義範の作文教室
著作者等 清水 義範
書名ヨミ シミズ ヨシノリ ノ サクブン キョウシツ
書名別名 Shimizu yoshinori no sakubun kyoshitsu
シリーズ名 ハヤカワ文庫 : JA
出版元 早川書房
刊行年月 1999.6
ページ数 245p
大きさ 16cm
ISBN 4150306184
NCID BA42988068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99103966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想