病いの人間学

立川昭二 著

宮沢賢治から安部公房まで、病いや死をテーマにした作品をとりあげ、誰もが直面する自分や家族の病いから、私たちは何を学び得るかを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに・病いの贈りもの
  • 病いのもたらす浄化感
  • 死にふれて輝く
  • 病いのもつ価値
  • 看とりは人を磨く
  • 病いの想像力
  • 「恍惚」という病い
  • 病いによる転生
  • 寄り添い、折り合う
  • 演劇としての病い
  • 時代の病を病む
  • おわりに・病の創るもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病いの人間学
著作者等 立川 昭二
書名ヨミ ヤマイ ノ ニンゲンガク
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.9
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4480816127
NCID BA42975226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20004051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想