悲の思想 : 文学にみる生老病死

佐々木徹 著

誰もが避けて通ることのできない生老病死の四苦を、シェイクスピアやゲーテ、西行・漱石・龍之介などの古今東西の文人たちはいかに思索したか。日常の哀歓を通して、現代社会にもっとも欠如している「悲」の精神を探る。やさしく綴る比較宗教・文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 悲と愛
  • 奇跡と平常底
  • 魔性と聖
  • 花と漂泊
  • 詩と歳月
  • 孤独地獄-芥川龍之介の文学
  • 自己と自然-夏目漱石の文学
  • 文学と宗教
  • 小林秀雄と唐木順三

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悲の思想 : 文学にみる生老病死
著作者等 佐々木 徹
書名ヨミ ヒ ノ シソウ : ブンガク ニ ミル ショウロウ ビョウシ
出版元 法藏館
刊行年月 1999.7
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 4831872490
NCID BA4296627X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20033503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想