少年非行と子どもたち

後藤弘子 編

[目次]

  • 序 「非行少年」の消滅?
  • 1 子どもと自己決定・自律-パターナリズムも自己決定と同郷でありうる、けれども
  • 2 警察と少年非行
  • 3 児童福祉と非行少年
  • 4 家庭裁判所と子どもの権利
  • 5 非行少年の処遇
  • 6 学校と非行
  • 7 非行少年と家庭-家族臨床の視点
  • 8 少年事件とマス・メディア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少年非行と子どもたち
著作者等 後藤 弘子
子どもの人権双書編集委員会
書名ヨミ ショウネン ヒコウ ト コドモタチ
シリーズ名 子どもの人権双書 5
出版元 明石書店
刊行年月 1999.8
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 4750311782
NCID BA42949419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99128070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想