転換期の文学

三島憲一, 木下康光 編

[目次]

  • 第1部 革命と動乱の時代(フランス革命とドイツ文学
  • フランス・ロマン主義-ポスト=フランス革命のパラダイム ほか)
  • 第2部 文学における産業化と都市生活(都市と群衆
  • 描かれた労働者はなぜ非難されたのか?-『メアリ・バートン』の書評に見る小説の役割 ほか)
  • 第3部 モデルネの軋轢(モデルニテの誕生
  • 芸術理論の革命 ほか)
  • 第4部 政治の限界と表現の可能性(シュルレアリスム
  • ファシズムと文学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期の文学
著作者等 三島 憲一
木下 康光
書名ヨミ テンカンキ ノ ブンガク
書名別名 Tenkanki no bungaku
シリーズ名 叢書転換期のフィロソフィー 第5巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1999.9
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 4623030032
NCID BA4293105X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99130192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想