帰って来た紋次郎さらば手鞠唄

笹沢左保 著

三国峠を北へ。紋次郎の名を騙った渡世人を、奇妙な縁で助けた紋次郎は、中秋の月夜、当の無宿人と野宿することになった。そこへ年老いた行商人が現れ、江戸で名高かった御菓子所凋落の理由を語り始める。父子の切っても切れない関係を描く「名月の別れ道」、死んだ娘の手鞠を持ち歩く男の死に様を、抒情豊かに描く表題作など、今、新たなヒーロー伝説が始まる!シリーズ第4弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帰って来た紋次郎さらば手鞠唄
著作者等 笹沢 左保
書名ヨミ カエッテキタ モンジロウ サラバ テマリウタ
書名別名 Kaettekita monjiro saraba temariuta
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1999.9
ページ数 300p
大きさ 16cm
ISBN 4101329095
NCID BA42914301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99118026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
さらば手鞠唄 笹沢 左保
まぼろしの慕情 笹沢 左保
名月の別れ道 笹沢 左保
死出の山越え 笹沢 左保
追われる七人 笹沢 左保
顔役の養女 笹沢 左保
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想