誰にも言えない夫の暴力 : ドメスティックバイオレンス

鈴木隆文, 石川結貴 著

「一回ぐらいなら」と容認する社会。「なぜ逃げないの」と無理解な人たち。「俺を怒らせた妻が悪い」と罪意識のない加害者。「夫婦げんかに法は入らず」と決めつける関係者。女性から妻になると「基本的人権」さえもなくなるのか?ドメスティック・バイオレンスで明らかになる重層的・構造的な男女差別を徹底研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドメスティック・バイオレンスの実態
  • 第2章 ドメスティック・バイオレンスの現実
  • 第3章 ドメスティック・バイオレンスの原因
  • 第4章 被害を受けた人ができること
  • 第5章 被害を受けた人への援助と回復
  • 第6章 現行制度の問題点
  • 第7章 法律相談Q&A
  • 第8章 男性側への取組み
  • 第9章 予防と教育、女性の自己実現
  • 第10章 将来に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰にも言えない夫の暴力 : ドメスティックバイオレンス
著作者等 東京弁護士会/両性の平等に関する委員会
石川 結貴
鈴木 隆文
書名ヨミ ダレ ニモ イエナイ オット ノ ボウリョク : ドメスティック バイオレンス
出版元 本の時遊社 : 星雲社
刊行年月 1999.7
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 479524233X
NCID BA4290815X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99113867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想