いま『武士道』を読む : 21世紀の日本人へ

志村史夫 著

戦後の日本が選択した民主主義と、経済的な繁栄の代償として失ってきた日本人の心-礼節、忠義、誠、克己など-が、1899年、新渡戸稲造がアメリカで著した『武士道』の中には、なんと豊かにあらわされていることだろうか。確固たる価値観を喪失し、社会的な規範やモラルの欠如が指摘される今日、21世紀の日本人が世界の中で尊敬され、信頼されるためには何が大切なのかを『武士道』の中に読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序(新渡戸稲造について
  • 『武士道』について)
  • 2 『武士道』を読む(道徳体系としての武士道
  • 武士道の淵源
  • 義 ほか)
  • 3 21世紀の日本人へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま『武士道』を読む : 21世紀の日本人へ
著作者等 志村 史夫
書名ヨミ イマ ブシドウ オ ヨム : 21セイキ ノ ニホンジン エ
書名別名 Ima bushido o yomu
シリーズ名 武士道 (新渡戸稲造)
丸善ライブラリー
出版元 丸善
刊行年月 1999.8
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 4621052993
NCID BA42856023
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99122566
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想