曲線論・曲面論 : Mathematicaで探索する古典微分幾何学

田澤義彦 著

本書は、曲線論・曲面論の基礎を解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 準備(ベクトル関数
  • Mathematicaの基本操作)
  • 2 平面曲線(平面曲線
  • よく知られた平面曲線
  • 一般的な曲線 ほか)
  • 3 空間曲線(空間曲線
  • 動標構・曲率・捩率
  • 曲率・捩率の図形的意味 ほか)
  • 4 曲面(予備的考察
  • 曲面
  • 接平面・法線 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 曲線論・曲面論 : Mathematicaで探索する古典微分幾何学
著作者等 田沢 義彦
書名ヨミ キョクセンロン キョクメンロン : Mathematica デ タンサクスル コテン ビブン キカガク
書名別名 Theory of curves and surfaces
シリーズ名 Computer in education and research 3
出版元 ピアソン・エデュケーション
刊行年月 1999.8
ページ数 309p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4894711338
NCID BA42852543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99122470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想