文明のなかの博物学 : 西欧と日本  下

西村三郎 著

「西と東の博物学」のその後の運命を決定づけた基本的性格の違いとは?江戸博物学終焉の後に来たものとは?東西両博物学の比較精神史の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 6章 博物学の黄金時代を招来したもの
  • 7章 西欧-博物学から近代生物学へ
  • 8章 変容する江戸博物学
  • 9章 江戸博物学から明治の生物学へ
  • 10章 西と東の博物学
  • 終章 来たるべき時代に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明のなかの博物学 : 西欧と日本
著作者等 西村 三郎
書名ヨミ ブンメイ ノ ナカ ノ ハクブツガク : セイオウ ト ニホン
巻冊次
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 1999.8
ページ数 p349-732
大きさ 22cm
ISBN 4314008512
NCID BA42833593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99130621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想