幾何の魔術 : 魔方陣から現代数学へ

佐藤肇, 一樂重雄 著

本書は魔方陣を軸にしながら、現代数学を構成するパーツである体の理論、整数論、射影幾何学、組合せ理論などに親しんでいただくことをもねらいとしています。さらに、このような数学理論が、通信の際の基本となる符号理論、科学実験の基礎となる実験計画法など、現実の社会にも応用されていることを見てみたいと思います。論理的思考の産物である射影幾何学などが、このような現代的課題にあざやかに応用される様は、まさに魔術とよぶにふさわしいものがあります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 魔方陣
  • 第2章 有限アフィン幾何
  • 第3章 体とアフィン平面
  • 第4章 アフィン平面と魔方陣
  • 第5章 射影幾何学
  • 第6章 体と射影平面
  • 第7章 行列と射影平面
  • 第8章 応用
  • 第9章 付録:射影空間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幾何の魔術 : 魔方陣から現代数学へ
著作者等 一楽 重雄
佐藤 肇
書名ヨミ キカ ノ マジュツ : マホウジン カラ ゲンダイ スウガク エ
出版元 日本評論社
刊行年月 1999.8
ページ数 137p
大きさ 21cm
ISBN 4535782806
NCID BA42803366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99122105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想