脳死・クローン・遺伝子治療 : バイオエシックスの練習問題

加藤尚武 著

「成人で判断能力のある者は、自分の身体と生命の質について、他人に危険を加えないかぎり、自己決定の権利を持つ」というのが、従来のバイオエシックス(生命倫理学)の原則であった。しかし、私の遺体についての決定権を持つのは私なのか家族なのか?クローン人間の製造はなぜ規制されなければならないのか?等々、最新技術が提起する様々な課題は、もはや、従来の自由主義・個人主義では判断ができない。本書では、これらの問題の複雑な論点を整理し、バイオエシックスの新たな枠組みを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 バイオエシックスとは何か
  • 第1章 脳死と臓器移植
  • 第2章 性と生殖の倫理
  • 第3章 クローン人間の練習問題
  • 第4章 患者の権利
  • 第5章 遺伝子治療と人類の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳死・クローン・遺伝子治療 : バイオエシックスの練習問題
著作者等 加藤 尚武
書名ヨミ ノウシ クローン イデンシ チリョウ : バイオエシックス ノ レンシュウ モンダイ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1999.9
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4569607144
NCID BA42794152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99124907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想