肝硬変の成因別実態  2008

恩地森一 監修 ; 青柳豊, 西口修平, 道尭浩二郎 編

[目次]

  • 秋田県における肝硬変の成因別実態
  • 長野県における肝硬変の成因別実態
  • 北部九州地区の多施設間における肝硬変の成因別実態の検討
  • 肝硬変の成因別実態
  • 肝硬変症例における成因別肝発癌率についての検討
  • 飲酒の肝硬変進展への影響-C型肝炎とアルコール性肝障害の関係について
  • 当科における肝硬変の成因別分類
  • 当科における肝硬変の成因別実態
  • 肝硬変の成因別頻度と肝発癌・予後の解析
  • 腹腔鏡にて診断した肝硬変の成因と予後について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝硬変の成因別実態
著作者等 小林 健一
恩地 森一
日本肝臓学会
清沢 研道
西口 修平
道尭 浩二郎
青柳 豊
上野 義之
岡上 武
日浅 陽一
榎本 平之
道堯 浩二郎
書名ヨミ カンコウヘン ノ セイインベツ ジッタイ
書名別名 Kankohen no seiinbetsu jittai
巻冊次 2008
出版元 中外医学社
刊行年月 2008.10
ページ数 252p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-498-14200-8
NCID BA42790388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21591394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想