孤独  翻訳

ルイス・デ・ゴンゴラ [著] ; 吉田彩子 訳

難攻不落の詩篇に挑む。1613年にゴンゴラの長編詩『孤独』がマドリッドで発表されるや、その奇妙で難解な表現は、賛否両論まっぷたつの文学論争を巻きおこした-数世紀にわたる論議と解釈の歴史をふまえ、初めて日本語に完訳されたその詩篇を原詩とともに第一分冊に、綿密かつ果敢な評釈を第二分冊に収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 翻訳
  • 評釈(漂着と彷徨
  • 牧人たちの宿
  • 田園の讃歌
  • 廃墟と豊穣な川の歌
  • 盗み見
  • 大航海の話
  • 婚礼に招かれる
  • 前夜祭 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孤独
著作者等 Góngora y Argote, Luis de
吉田 彩子
ゴンゴラ ルイス・デ
書名ヨミ コドク
書名別名 Soledades

Kodoku
巻冊次 翻訳
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.6
ページ数 116p
大きさ 22cm
NCID BA42735481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99113653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想