ネアンデルタール人と現代人 : ヒトの500万年史

河合信和 著

はたして、ネアンデルタール人は私たちの祖先なのか。彼らは一体どこから来て、どこへ消えたのか。せめぎあって来た諸説の検証から、彼らのたどった運命が明らかにされる。そしてホモ・サピエンス。かつて十七種もいたヒトの唯一の生き残り、つまり私たち現代人の出自とは?気鋭の科学ジャーナリストがドラマチックな発掘発見の歴史をなぞり、最新成果をふまえて、人類史の様々な謎を平易に解きあかす。人類誕生の時、ヒトはみな肌が黒かった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ネアンデルタール人の謎
  • 第2章 現代人の出現とネアンデルタール
  • 第3章 私たちは何ものか?
  • 第4章 母なるアフリカを離れて-ヒト属とユーラシアへの拡散

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネアンデルタール人と現代人 : ヒトの500万年史
著作者等 河合 信和
書名ヨミ ネアンデルタールジン ト ゲンダイジン : ヒト ノ 500マンネンシ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 1999.8
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4166600559
NCID BA42710629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99122054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想