福島正則

福尾猛市郎, 藤本篤 著

賤ケ岳の殊勲で「七本鎗」筆頭と称えられ、華々しい戦功を重ねた福島正則は、武勇一点張りの粗暴な武将とも評される。だがその実像は、義理人情に厚く不器用なまでに一途に生きた人物である。幼少より秀吉に仕え、豊臣家の存続を願いながら、のち家康に与した「変節」も、泰平の世の到来を希求すればこその苦悩に満ちた決断であった。時の権力者から重用されながら戦国時代の終焉とともに凋落の途をたどった猛将の悲劇的宿命を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出世への道程
  • 第2章 大名となる
  • 第3章 羽柴清須侍従
  • 第4章 旧恩と新恩
  • 第5章 芸備入国
  • 第6章 豊臣から徳川へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島正則
著作者等 福尾 猛市郎
藤本 篤
書名ヨミ フクシマ マサノリ : サイゴ ノ センゴク ブショウ
書名別名 最後の戦国武将
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.8
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 412101491X
NCID BA4268828X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20002187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想