妖怪変化

常光徹 編

「化ける」「変身する」とは、瞬間的あるいは短期間のうちにそれまでの状態ががらりと変わることである。変化の質は外見上の問題だけではない。動機や場面もさまざまである。これらの言葉を切り口として、妖怪、怪獣、都市伝説、まちづくり、人名、儀礼などの民俗から見えてくるものは何か。刺激的な論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 化ける民俗の諸相
  • 第1部 妖怪と現代の怪異(股のぞきと狐の窓-妖怪の正体を見る方法
  • 妖怪と怪獣
  • 現代都市の怪異-恐怖の増殖)
  • 第2部 「化ける」という幻想と現実(町が化ける-まちづくりのなかの民俗文化
  • 名前と変化
  • 人の一生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妖怪変化
著作者等 常光 徹
書名ヨミ ヨウカイ ヘンゲ
書名別名 Yokai henge
シリーズ名 民俗学の冒険 3
ちくま新書 3
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.8
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 4480057986
NCID BA42674693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99127703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想