隠居大名の江戸暮らし : 年中行事と食生活

江後迪子 著

近世の大名は、時々国元へも帰ったが一生の大半を江戸で過ごした。殿様の仕事と経費、行事と儀礼、食事と献立など、暮らしの実態を克明に描く。隠居後の贅沢な食道楽と遊興は、グルメの現代人をも驚かせるものがある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『臼杵藩稲葉家奥日記』と大名の生活文化-プロローグ
  • 臼杵藩の江戸屋敷と公務
  • 江戸屋敷の行事と儀礼
  • 大名の生活と遊興
  • 幕藩体制の崩壊と暮らしの変化-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隠居大名の江戸暮らし : 年中行事と食生活
著作者等 江後 迪子
書名ヨミ インキョ ダイミョウ ノ エド グラシ : ネンチュウ ギョウジ ト ショクセイカツ
書名別名 Inkyo daimyo no edo gurashi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 74
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.9
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 464205474X
NCID BA42656421
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99120048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想