京都葵祭殺人事件

山村美紗 著

古来よりきわめて盛大であった京都の葵祭。西陣の繊維問屋の長女富川朝子は、祭の女王ともいうべき斎王代に選ばれた。だが、祭の当日、十二単衣姿の朝子が、華やかな行列の輿の中で服毒死した!それも妊娠四か月で…。葬儀の二日後、今度は朝子の学生時代の女友達が、八坂神社で絞殺された-。古都で繰り広げられる愛と裏切の惨劇に隠された真実は。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都葵祭殺人事件
著作者等 山村 美紗
書名ヨミ キョウト アオイマツリ サツジン ジケン
書名別名 Kyoto aoimatsuri satsujin jiken
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.8
ページ数 324p
大きさ 16cm
ISBN 4122034779
NCID BA42654925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99131269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想