そうだったのか! : 見慣れたものに隠れた科学

ジェイ・イングラム 著 ; 東中川徹 訳

科学は疑問をもつことから始まる。あくびはなぜ伝染する?なるべく雨に濡れない歩き方は?虫はなぜ群れ飛ぶ?ナックルボールはなぜ打ちにくい?真中の肘掛けは左右どちらの人のもの?TVでビッグ・バンを中継中?ガンはなぜV字編隊で飛ぶ?さかんに「まばたき」するのはどんな時?好奇心をもって見なおせば、思いがけない世界が広がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「思わず舌を出す」のはどんな時でしょうか?
  • 落ちる時はほんとに「真逆さま」なのか?
  • 地平線の月があんなに大きく見えるのはなぜ?
  • コーヒーをできるだけさまさない方法は?
  • 真中の肘掛けはどちらの人のものなのでしょう?
  • 科学者がお風呂でやった二大実験というのは?
  • ありふれたスズメはどんな鳥でしょう?
  • 騒がしいパーティー会場で二人静かに語り合うには?
  • ミツバチはどうして遠くの花まで飛んで行けるのか?
  • テレビでビッグ・バンの録画中継が見られる?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 そうだったのか! : 見慣れたものに隠れた科学
著作者等 Ingram, Jay
東中川 徹
イングラム ジェイ
書名ヨミ ソウ ダッタノカ : ミナレタ モノ ニ カクレタ カガク
書名別名 The science of everyday life

So dattanoka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1999.8
ページ数 199, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4062572613
NCID BA42637369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99122056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想