日本の教育改革 : 産業化社会を育てた一三〇年

尾崎ムゲン 著

日本の緊急課題のひとつは教育問題であるが、問題の現況とそれに対する処方箋とを考えるとき、謙虚に学ぶべきは、やはり、明治以降の教育の歴史的経緯であろう。具体的事実に即して近代教育史を俯瞰すると、そこに見えてくるのは意外にも「教育改革」の連続であった。本書は、産業化と個人主義化という一貫した流れを視野の基本に置き、日本の教育が、その時代時代の要請に従って、どのような改革の道を歩んだのかを辿るものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代教育の出発
  • 2 天皇制国家の教育
  • 3 学校の社会的定着
  • 4 「大正新教育」
  • 5 動乱の時代の教育
  • 6 戦後教育の出発
  • 7 学歴社会と偏差値教育
  • 8 教育改革の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の教育改革 : 産業化社会を育てた一三〇年
著作者等 尾崎 ムゲン
書名ヨミ ニホン ノ キョウイク カイカク : サンギョウカ シャカイ オ ソダテタ ヒャク サンジュウネン
書名別名 Nihon no kyoiku kaikaku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.8
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 412101488X
NCID BA42631089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20002175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想