適応障害の解決

ダニエル・L.アローズ, マリー・A.キャレッセ 著 ; 大前泰彦, 清水佳苗 訳

本書は、適応障害の本質を明確に見極めるための貴重な手段を臨床家に示し、治療の適切なモデルとして、解決志向ブリーフセラピーを提案する。それは、従来の曖昧模糊たる内容の心理療法への反省を込めて、きわめて論理的かつ体系的にマニュアル化された実用的な治療法である。またマネージド・ケアによる管理下治療に対処するために生まれた新しい臨床スタイルを提示している点も本書の特徴である。それはクライエントによって達成されるべき治療の目的と目標を明確にしたもので、クライエントの利益を効率的に達成するという点で、わが国においても、今後専門家としての心理療法家に求められる方向性を示しているものといえよう。本書はその理論的根拠と具体的なプログラムを提供して、すべての臨床家の新しい道しるべとなるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マネージド・ケアの新時代における実践
  • 第2章 D氏のケース
  • 第3章 患者の機能障害
  • 第4章 診断
  • 第5章 適応と人格(パーソナリティ)
  • 第6章 全般的な治療原理
  • 第7章 適応障害のための心理療法
  • 第8章 患者に対するセルフセラピーの指導
  • 第9章 8回のセッションで不十分なとき
  • 第10章 マネージド・ケア会社へのレポートの一要素としてのスピリチュアリティ
  • 第11章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 適応障害の解決
著作者等 Araoz, Daniel L
Carrese, Marie A
大前 泰彦
清水 佳苗
Araoz D.L.
Carrese M.A.
Carrese Marie A.
キャレッセ マリー・A.
アローズ ダニエル・L.
書名ヨミ テキオウ ショウガイ ノ カイケツ : カイケツ シコウ ブリーフ セラピー ニ ヨル アプローチ
書名別名 Solution-oriented brief therapy for adjustment disorders

解決志向ブリーフセラピーによるアプローチ
出版元 金剛
刊行年月 1999.7
ページ数 177p
大きさ 22cm
ISBN 4772406190
NCID BA4262145X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20001386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想