オランピアの頸のリボン

ミシェル・レリス 著 ; 谷昌親 訳

文学者であり民族学者でもあったレリス晩年の代表作。特異な言語感覚を駆使する自伝作家として活躍したレリスだが、主著『ゲームの規則』全四巻を書き上げたあとは断章形式を創作スタイルとして好んだ。本書はその極北であり、マネの『オランピア』に描かれた裸婦の頸のリボンがかもすエロティシズムを綴じ糸に、さまざまな断章が並べられている。色とりどりの模様が浮かび上がるさまは、まるで万華鏡のようでもある。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オランピアの頸のリボン
著作者等 Leiris, Michel
谷 昌親
レリス ミシェル
書名ヨミ オランピア ノ クビ ノ リボン
書名別名 Le ruban au cou d'Olympia

Oranpia no kubi no ribon
出版元 人文書院
刊行年月 1999.6
ページ数 405p
大きさ 20cm
ISBN 4409130242
NCID BA42618116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99109066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想