レクイエム : ある幻覚

アントニオ・タブッキ 著 ; 鈴木昭裕 訳

七月は灼熱の昼下がり、幻覚にも似た静寂な光のなか、ひとりの男がリスボンの街をさまよい歩く。この日彼は死んでしまった友人、恋人、そして若き日の父親と出会い、過ぎ去った日々にまいもどる。タブッキ文学の原点とも言うべきリスボンを舞台にくりひろげられる生者と死者との対話、交錯する現実と幻の世界。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レクイエム : ある幻覚
著作者等 Tabucchi, Antonio
鈴木 昭裕
タブッキ アントニオ
書名ヨミ レクイエム : アル ゲンカク
書名別名 Requiem
シリーズ名 海外小説の誘惑 130
白水Uブックス 130
出版元 白水社
刊行年月 1999.7
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 4560071306
NCID BA4260355X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99106955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想