本当は恐ろしい「平和」と「人権」というファシズム

佐藤貴彦 著

「平和」と「人権」という言葉は、果たして私たちに何を与えたのだろうか。戦後、「平和」と「民主主義」という名のもとに行われた蛮行を、新進気鋭の評論家・佐藤貴彦が鋭く抉り書き下ろした戦後民主主義批判の極北。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後民主主義の平和(「平和、平和」と叫ぶから「平和主義者」なのか
  • 自虐史観の底にあるもの
  • 本当のファシストは誰なのか ほか)
  • 第2章 戦後民主主義の信仰(犠牲者崇拝
  • 死刑廃止論
  • 反差別-「合理主義」と「犠牲者崇拝」との合体 ほか)
  • 第3章 戦後民主主義のモラル(法と快楽の原理
  • 戦略としての「援助交際」
  • 喰い尽くされる快楽 ほか)
  • 第4章 戦後民主主義の教育(「こども」という幻想
  • イデオロギーで語られる教育
  • 父親)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本当は恐ろしい「平和」と「人権」というファシズム
著作者等 佐藤 貴彦
書名ヨミ ホントウ ワ オソロシイ ヘイワ ト ジンケン ト ユウ ファシズム
書名別名 Honto wa osoroshii heiwa to jinken to yu fashizumu
出版元 夏目書房
刊行年月 1999.6
ページ数 200p
大きさ 20cm
ISBN 4931391613
NCID BA42589415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20046004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想