ACE阻害薬のすべて

日和田邦男, 荻原俊男, 猿田享男 編

初版が出版されたのは1992年10月。わずか1年10ヵ月後の1994年8月に短い期間ながらその間の進歩を採り入れて改訂版を出版。しかし、改訂版が出版されてからすでに4年以上経過し、この間の高血圧研究の進歩は著しく、とくに治療面におけるACE阻害薬に関する多くの新知見が発表され、ここに第3版を刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 病態生理編(病態とレニン・アンジオテンシン系)
  • 2 臨床薬理編(ACE阻害薬の薬物動態と分類
  • ACE阻害薬と脳保護作用 ほか)
  • 3 治療編(高血圧とACE阻害薬
  • 合併症を伴った高血圧 ほか)
  • 4 基礎編(組織レニン・アンジオテンシン系の意義
  • ACEの分子生物学 ほか)
  • 5 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ACE阻害薬のすべて
著作者等 日和田 邦男
猿田 享男
荻原 俊男
書名ヨミ ACE ソガイヤク ノ スベテ
出版元 先端医学社
刊行年月 1999.7
版表示 第3版.
ページ数 383p
大きさ 26cm
ISBN 4915892824
NCID BA42493826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99106096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想