人間型ロボットのはなし

早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト 編著

早稲田大学では故加藤一郎教授をリーダーとし、「アダリー」や「鉄腕アトム」の実現を目指して人間型ロボットの研究を4半世紀以上も続けてきました。本書は、早稲田大学・理工学総合研究センター「ヒューマノイド」プロジェクトにおける人間型ロボット研究を中心に、その歴史や技術的な内容をロボット技術そのものがバックグラウンドでない読者の方々にも理解できるようメンバー全員で書いた入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロボットの誕生と活躍(ロボットの歴史
  • ロボットの適用分野)
  • 第2章 ロボットのメカニズム(ロボットの機構
  • ロボットの感覚 ほか)
  • 第3章 人間型ロボットの構造とメカニズム(人間型ロボット研究の流れ
  • 人間型ロボットの機械メカニズム ほか)
  • 第4章 人間型ロボットの展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間型ロボットのはなし
著作者等 早稲田大学理工学総合研究センター
早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト
早稲田大学ヒューマンノイドプロジェクト
書名ヨミ ニンゲンガタ ロボット ノ ハナシ
書名別名 Ningengata robotto no hanashi
シリーズ名 Science and technology
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 1999.6
ページ数 235p
大きさ 19cm
ISBN 4526043974
NCID BA42454824
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20040579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想