フランスにおける公的金融と大衆貯蓄 : 預金供託金庫と貯蓄金庫1816-1944

矢後和彦 著

本書は、両大戦間期から第二次大戦期までの預金供託金庫の経営動向に焦点をあてて、フランスにおける「公的金融」(financements publics)と「大衆貯蓄」('epargne populaire)の関係をあきらかにする歴史研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 問題の所在-フランス経済史における国家と社会
  • 1章 第一次大戦前の預金供託金庫と貯蓄金庫-予備的考察
  • 2章 通貨・財政危機と公的金融の動揺-第一次大戦後の預金供託金庫と貯蓄金庫
  • 3章 大衆貯蓄の前進と公的金融の拡大-通貨安定期の預金供託金庫と貯蓄金庫
  • 4章 財政・金融政策の再編と公的金融-大恐慌期の預金供託金庫と貯蓄金庫
  • 5章 戦時体制下の公的金融と大衆貯蓄-第二次大戦期の預金供託金庫と貯蓄金庫
  • 終章 総括と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランスにおける公的金融と大衆貯蓄 : 預金供託金庫と貯蓄金庫1816-1944
著作者等 矢後 和彦
書名ヨミ フランス ニ オケル コウテキ キンユウ ト タイシュウ チョチク : ヨキン キョウタク キンコ ト チョチク キンコ 1816 1944
書名別名 Furansu ni okeru koteki kin'yu to taishu chochiku
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1999.7
ページ数 355p
大きさ 22cm
ISBN 4130460641
NCID BA42439955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99125471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想