ねぼけ人生

水木しげる 著

陽気な落第生だった少年時代、ラバウルで死の淵をさまよい片腕を失った戦争の時代、赤貧のなかで紙芝居や貸本マンガを描き続けた戦後、そして突然訪れた「鬼太郎」と妖怪ブームの中で締め切りに終われる日々。波爛万丈の人生を、楽天的に生きぬいてきた、したたかな日本土人・水木しげるの面白く、ちょっぴり哀しい半生の記録。

「BOOKデータベース」より

「鬼太郎」で妖怪ブームを巻き起こした著者の面白くも哀しい半生記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 落第(先祖のこと、家族のこと
  • のんのんばあと妖怪たち
  • 死と霊におびえる ほか)
  • 2 戦争(兵役につき、ラバウルへ
  • 決死隊に入れられる
  • 爆撃で片腕を失う ほか)
  • 3 貧乏(紙芝居作者となる
  • 壊滅状態の紙芝居業界
  • 貸本マンガで苦闘する ほか)
  • 4 多忙(貧乏神が去り、福の神が来る
  • 変わったアシスタントたち
  • 多忙地獄の中で ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ねぼけ人生
著作者等 水木 しげる
書名ヨミ ネボケ ジンセイ
書名別名 Neboke jinsei
出版元 筑摩書房
刊行年月 1982.3
版表示 新装版
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 448002039X
NCID BA4236470X
BN08351864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82026534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想