時計と人間 : そのウォンツと技術

織田一朗 著

本著では、時計の歴史を人間生活との関連で追いながら(本書の中では便宜的に過去の時代との往復にタイムマシン"PS号"を使用する)、改めて人間にとっての時計の意味を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間が知恵と工夫を重ねてきた時計の歴史(自然の中に"時"を見つけた時代
  • 自然のリズムを時計に応用した時代 ほか)
  • 2 さまざまな"時"を計る時計(鉄道事故を防ぐために生み出された鉄道時計
  • 激しいスポーツの闘いを計る時計 ほか)
  • 3 時計の先端技術(時間精度はどこまで向上するのか
  • 通信情報ネットワークとの接続が新しい世界を拓く ほか)
  • 4 これからの時間と時計(多様になっている時間の使い方
  • 時間の上からも進む「男女同権」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時計と人間 : そのウォンツと技術
著作者等 織田 一朗
書名ヨミ トケイ ト ニンゲン : ソノ ウォンツ ト ギジュツ
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 1999.7
ページ数 158p
大きさ 19cm
ISBN 4785387076
NCID BA42354444
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99112069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想