日本の宇宙開発

中野不二男 著

宇宙は今や、衛星打ち上げをめぐる巨大ビジネスの場である。戦後日本は憲法九条、および軍事利用を怖れるアメリカの思惑により、開発研究を著しく阻害されて来たが、それにもめげず独自に衛星打ち上げ技術を獲得するまでになった。"軍需"を巧みに避けつつ、技術者たちはいかに宇宙"産業"化への道を拓いてきたか。もう一つの「スターウォーズ」と日本の実力-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 制約(衆議院決議
  • 宇宙のパックス・アメリカーナ)
  • 軍需と民需-打ち上げのシーケンス
  • 情報収集衛星
  • 宇宙ステーション計画の国際政治学
  • H‐2A、J‐2は何をめざすか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の宇宙開発
著作者等 中野 不二男
書名ヨミ ニッポン ノ ウチュウ カイハツ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 1999.7
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 4166600508
NCID BA42328499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99111437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想