米国初代国防長官フォレスタル : 冷戦の闘士はなぜ自殺したのか

村田晃嗣 著

J・フォレスタルはウォール街で成功を収めたのち、ナチス・ドイツがパリに無血入城した直後の1940年8月からノルマンディ上陸作戦直前の四四年五月まで海軍次官、47年9月まで海軍長官をつとめ、戦後、陸海空軍が統合されると、アメリカ初代国防長官に任命された。40年代を通じて「国防の最前線」にあった男が国防長官になったとき担わなければならなかったのは、「安全保障国家」という、矛盾に満ちた巨大な怪物であった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自殺-ペンタゴンの殉教者
  • 第1章 生い立ち-アイルランド系カトリックの原景
  • 第2章 ウォール街の鬼才-財界での成功
  • 第3章 大海軍の再建-海軍次官時代
  • 第4章 移行期-ローズヴェルト政権からトルーマン政権へ
  • 第5章 冷戦の始まり-反共の闘士
  • 第6章 三軍統合-安全保障国家の青写真
  • 第7章 ペンタゴンの迷宮-初代国防長官の苦脳
  • 終章 フォレスタルの遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米国初代国防長官フォレスタル : 冷戦の闘士はなぜ自殺したのか
著作者等 村田 晃嗣
書名ヨミ ベイコク ショダイ コクボウ チョウカン フォレスタル : レイセン ノ トウシ ワ ナゼ ジサツシタノカ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.7
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4121014863
NCID BA42306612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99127706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想