ハイデッガー全集  第22巻(第2部門 講義 1919-44)

ハイデッガー [著] ; 辻村公一 [ほか]編

ハイデッガーは、この講義で、古代哲学者たちが、どのような仕方で、どのような方向から有(Sein)に迫ったかの跡をたどっている。プラトンの提案を有をめぐるロゴスの問題と整理して、アリストテレスの『形而上学』での「有は類ではない」の証明へ、そしてカテゴリー論、エネルゲイアーデュナミス論、運動論、魂論、生命論、現有論と続けていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 第1部 古代哲学入門一般(アリストテレス『形而上学』第一巻に従って、古代哲学の中心概念と中心問題の提起を明示する
  • 哲学的問いとして、原因と根拠を問うこと)
  • 第2部 特に主要なギリシャの思想家達。かれらの問いと答え(プラトン以前の哲学
  • プラトンの哲学
  • アリストテレス哲学)
  • 補遺(講義本文付録
  • メルヘン筆記録抄
  • ブレッカー筆記録)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイデッガー全集
著作者等 Heidegger, Martin
Klunker, Will
左近司 祥子
辻村 公一
クルンカー ヴィル
ハイデッガー
書名ヨミ ハイデッガー ゼンシュウ
書名別名 Die grundbegriffe der antiken Philosophie

古代哲学の根本諸概念

Haidegga zenshu
巻冊次 第22巻(第2部門 講義 1919-44)
出版元 創文社
刊行年月 1999.7
ページ数 411, 21p
大きさ 22cm
ISBN 4423196298
NCID BA42295323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99121791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
古代哲学の根本諸概念 ヴィル・クルンカー, 左近司 祥子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想