ペンローズのねじれた四次元 : 時空をつくるツイスターの不思議

竹内薫 著

相対性理論と量子力学の統合は可能か。最新の理論物理が描く、空間とは、時間とは?現代物理の雄ペンローズを知れば、物理学の過去と未来のすべてが見えてくる。ペンローズの手で、量子重力理論は完成するのだろうか。はたして、世界はツイスターからできているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 鍵
  • 第1章 あるけど見えないローレンツ収縮-特殊相対性理論の世界
  • 第2章 ブラックホールと特異点-一般相対性理論の世界
  • 第3章 シュレディンガーの猫-量子力学の世界
  • 第4章 ツイスターの世界-相対論と量子論
  • 第5章 ゆがんだ四次元-時空の最終理論をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ペンローズのねじれた四次元 : 時空をつくるツイスターの不思議
著作者等 竹内 薫
書名ヨミ ペンローズ ノ ネジレタ ヨジゲン : ジクウ オ ツクル ツイスター ノ フシギ
書名別名 Penrozu no nejireta yojigen
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1999.7
ページ数 266, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4062572605
NCID BA42259636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99114676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想