光と電気のからくり : 物を熱するとなぜ光るのか?

山田克哉 著

電線内を電子が動くのが電流。では、電波は、アンテナから電子が飛び出したのでしょうか?物が見えるということは光が目に入ってくることを意味する。では、その光はいったいどこからどう発生したのか?静電気にはじまり、電気と磁気の関係、光と電磁波の正体、原子の構造と光の発生のメカニズムまで、目で見るようにわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 電気の源は何か?
  • 2 電圧と電流
  • 3 磁石とは何か
  • 4 磁場と電場
  • 5 光の源は何か?
  • 6 電子のコマ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光と電気のからくり : 物を熱するとなぜ光るのか?
著作者等 山田 克哉
書名ヨミ ヒカリ ト デンキ ノ カラクリ : モノ オ ネッスル ト ナゼ ヒカルノカ
書名別名 Hikari to denki no karakuri
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1999.7
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4062572591
NCID BA42258349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99113974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想