病者は語れず : 東海大「安楽死」殺人事件

永井明 著

「安楽死」の定義とは、終末期医療のあるべき姿とは、果たしてどういうものなのか-。91年4月、東海大学医学部付属病院で起こった「事件」をめぐる裁判を、元医者である著者が追った渾身のルポルタージュ。安楽死のための新しい四要件が示されたこの裁判を通して、人間という存在の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 初公判
  • 第2章 家族にとっての終末期
  • 第3章 大学病院の「チーム医療体制」
  • 第4章 看護婦には何ができるのか
  • 第5章 未成熟な医者
  • 第6章 塩化カリウムの非倫理性
  • 第7章 尊厳のある死
  • 第8章 安楽死の六要件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病者は語れず : 東海大「安楽死」殺人事件
著作者等 永井 明
書名ヨミ ビョウシャ ワ カタレズ : トウカイダイ アンラクシ サツジン ジケン
書名別名 Byosha wa katarezu
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1999.7
ページ数 234p
大きさ 15cm
ISBN 4022612568
NCID BA42255384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99094007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想