益子焼

小島英一 著

益子には古くからの古窯址群があり、須恵器が焼かれていました。嘉永6年に始まる益子焼は、豊かな自然と地元の人びとの自由な気風、たゆまぬ努力によって、途絶えることなく発展してきました。本書では、益子焼の背景から、製作の工程、産地の現状、窯里の風土までを幅広く紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 益子焼の発生と流れ(益子のやきものとしての流れ
  • 「益子焼」の始まり ほか)
  • 2章 益子焼の製作(益子焼の製作工程
  • 陶土の精製 ほか)
  • 3章 益子焼の現在とこれから(やきもの産地としての益子町
  • 益子焼の現状 ほか)
  • 4章 益子へのいざない(益子の地理的環境
  • 益子の歴史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 益子焼
著作者等 小島 英一
書名ヨミ マシコヤキ
書名別名 Mashikoyaki
シリーズ名 伝統的工芸品シリーズ
出版元 理工学社
刊行年月 1999.4
ページ数 143p
大きさ 19cm
ISBN 4844585789
NCID BA42253709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99125608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想