間主観的アプローチによる関係発達論の構築

鯨岡峻著

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 第1部 関係発達論の構築に向けて:諸学説とわれわれの理論・方法
  • プロローグ-関係発達論へのパラダイム転換のために- / p1
  • 第1章 個体能力発達論から関係発達論へ / p15
  • 第2章 われわれの二つの方法的態度と間主観的アプローチ / p65
  • 第3章 われわれの方法論 / p97
  • 第4章 関係発達の一般理論の構築に向けて
  • 人間存在の両義性と発達を貫く3つの次元 / p129
  • 第2部 本論:初期「子ども一養育者」関係の発達 / p187
  • 第5章 誕生前から第1次間主観的関係が成立するまで / p189
  • 第6章「共にある」あり方の多様化:子どもの成長と養育者の調整的関与 / p257
  • 第7章 第2次間主観的関係の萌芽 / p337
  • 簡単なエピローグ / p419
  • 注 / p423
  • 文献 / p427
  • 謝辞 / p451
  • 目次 / p3
  • 序章 長いプロローグ / p1
  • 第1部 理論篇
  • 第1章 コミュニケーションについての予備的考察 / p40
  • 第2章 関わり合う二者 / p83
  • 第3章 コミュニケーションの理論によせて / p129
  • 第2部 参加観察篇
  • 第4章 子ども一養育者関係における原初的コミュニケーション / p192
  • 終章 短いエピローグ / p278
  • 注 / p285
  • あとがきと謝辞 / p302
  • 索引 / p306
  • 目次 / p6
  • まえがき / p1
  • 第1章 両義性の発達心理学を目指して / p1
  • はじめに / p1
  • 第1節 人間存在の抱える根源的両義性=自他の共軌性 / p4
  • 第2節 子どもと養育者の存在両義性 / p17
  • 第3節 生きられる両義性 / p27
  • 第4節 生きられる両義性のなりゆき / p46
  • 第5節 関係発達論素描 / p51
  • 第6節 エピソード記述の諸問題 / p70
  • 第2章 養育の場の両義性と原初的コミュニケーション / p107
  • はじめに / p107
  • 第1節 養育者の指示が分かるようになってくる / p111
  • 第2節 自分の意図を表現する力の向上 / p126
  • 第3節 相互的な遊びの成り立ち / p141
  • 第4節 養育者による制止や禁止の始まり / p151
  • 第5節 養育者による子どもの情動調律 / p164
  • 第6節 これまでの諸節の簡単なまとめ / p180
  • 第3章 保育の場の両義性と原初的コミュニケーション / p191
  • はじめに / p191
  • 第1節 保育の場における両義性 / p192
  • 第2節 遊ぶことの楽しさと,認められて嬉しいこととのあいだ / p215
  • 第3節 保育者の認め・支えることと,教え・導くことのバランス / p230
  • 第4節 発達に誰く子どもと保育者のコミュニケーション / p247
  • 第4章 障害児の育つ場の両義性と原初的コミュニケーション / p271
  • はじめに / p271
  • 第1節 障害児の育つ場の両義性 / p273
  • 第2節 コミュニケーションの「障害」をどう考えるか / p288
  • 第3節 養護学校における子ども一教師のあいだの原初的コミュニケーション / p300
  • 第4節 療育の場における子ども,保護者,療育者 / p323
  • 第5節 障害の受容という問題 / p336
  • 注 / p346
  • あとがきと謝辞 / p361
  • 索引 / p365

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 間主観的アプローチによる関係発達論の構築
著作者等 鯨岡 峻
書名ヨミ カンシュカンテキ アプローチ ニ ヨル カンケイ ハッタツロン ノ コウチク
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1999.4
ページ数 xiii, 346p
大きさ 22cm
ISBN 4623030377
NCID BA40812038
BA42250223
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想