よくわかるよくできるクリティカル・パス

日野原重明 特別監修

クリティカル・パスを一時のブームに終わらせないために。どこの病院でも、どこの科でも同じ質の医療やケアが受けられるように医療の標準化が始まった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 導入・理論編(クリティカル・パスとは何か:その背景と考え方
  • クリティカル・パス作成の実際:医師の立場から ほか)
  • 作成・実践編(脳血管障害患者のクリティカル・パスと記録の検討
  • 看護診断を活用したクリニカル・パス ほか)
  • 特別編(アメリカの1総合病院で、パスの実際をみる-35種類のクリティカル・パスが80%の患者さんをカバー
  • ケア・マップの開発者カレン・ザンダーさんに聞く-「アウトカムを明らかにすることによって、パスを作ることができます。」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よくわかるよくできるクリティカル・パス
著作者等 日野原 重明
書名ヨミ ヨク ワカル ヨク デキル クリティカル パス : ドウニュウ サクセイ ジッセン ノ グタイテキ テビキ
書名別名 導入・作成・実践の具体的手引き
出版元 照林社 : 小学館
刊行年月 1999.4
ページ数 142p
大きさ 26cm
ISBN 4796520309
NCID BA42246587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99079781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想