橘曙覧全歌集

橘曙覧 著 ; 水島直文, 橋本政宣 編注

「独楽吟」の連作で知られる幕末の歌人・国学者、橘曙覧(1812‐68)は、清貧の暮らしの中から、生活・社会・自然を自由奔放に詠み、近代短歌の先駆として高い評価をうけている。遺稿集『志濃夫廼舎歌集』と拾遺すべてを収める。付・索引。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 志濃夫廼舎歌集(松籟艸-第一集
  • 襁褓艸-第二集
  • 春明艸-第三集
  • 君来艸-第四集
  • 白蛇艸-第五集
  • 福寿艸-志濃夫廼舎歌集補遺)
  • 橘曙覧拾遺歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 橘曙覧全歌集
著作者等 橋本 政宣
橘 曙覧
水島 直文
書名ヨミ タチバナ アケミ ゼンカシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.7
ページ数 450p
大きさ 15cm
ISBN 4003027418
NCID BA42233370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99117400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想