日本人の宗教意識 : 習俗と信仰の底を流れるもの

湯浅泰雄 著

歴史学や民俗学の素材に深層心理学的分析を加える「歴史心理学」を武器に、宗教思想の伝統とその影響下に形成されてきた民族文化の伝統を探る。「仏教の民間土着と行基・法然の意義」「キリシタン信仰と真宗信仰の類似性」「カリスマ法然と知性人親鸞」等々、その分析は精緻をきわめ、独創的な視角から日本思想史の底層に流れる集合心理的伝統を剔出。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神話から宗教へ(日本文化のかたち-中国文化との比較
  • 密教と日本文化)
  • 2 宗教意識の諸相(日本人の罪のとらえ方
  • 苦から無常と罪へ ほか)
  • 3 中世宗教史をめぐって(鎌倉仏教への思想史的視角
  • 法然と明恵 ほか)
  • 4 近世から近代へ(近世・近代思想史の歴史心理学のために-啓蒙主義・民衆宗教・ナショナリズム
  • 明治青年の自我形成-北村透谷における政治・文学・信仰 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の宗教意識 : 習俗と信仰の底を流れるもの
著作者等 湯浅 泰雄
書名ヨミ ニホンジン ノ シュウキョウ イシキ : シュウゾク ト シンコウ ノ ソコ オ ナガレル モノ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.7
ページ数 381p
大きさ 15cm
ISBN 4061593846
NCID BA42168596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99102128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想