戦国古戦場の旅 : 静かなる男達の声を聞く

野口冬人 著

「風林火山」の旗印を甲斐にはためかせた勇将武田信玄と、越後に勇名を馳せた上杉謙信との宿命の合戦・川中島の激突、天下統一にかけた織田信長の非情なまでの戦い、豊臣秀吉のひとまずの天下統一、徳川家康の最後の戦いによって戦国乱世に終止譜が打たれるまでを、現地古戦場の跡を訪ねる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 武田信玄の戦いの跡をたどる
  • 上杉謙信の戦いの跡をたどる
  • 武田家滅亡の跡をたどる
  • 織田信長の戦いの跡をたどる
  • 豊臣秀吉の戦いの跡をたどる
  • 徳川家康の戦いの跡をたどる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国古戦場の旅 : 静かなる男達の声を聞く
著作者等 野口 冬人
書名ヨミ センゴク コセンジョウ ノ タビ : シズカナル オトコタチ ノ コエ オ キク
書名別名 Sengoku kosenjo no tabi
出版元 山海堂
刊行年月 1999.4
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 4381103416
NCID BA42143030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99080194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想