量子力学の数学的構造  1

新井朝雄, 江沢洋 著

量子力学の数学的構造を組み立てる素材は、ヒルベルト空間と、そのベクトルに作用する演算子(作用素ともいう)である。本書は、その素材の解説からはじめて、物理的背景を説明しながら、量子力学を数学的に組み立ててゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 量子力学の形成
  • 1 ヒルベルト空間と線形演算子
  • 2 スペクトル理論
  • 付録(測度と積分
  • フーリエ変換
  • 超関数論要項
  • 基本的な不等式)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子力学の数学的構造
著作者等 新井 朝雄
江沢 洋
書名ヨミ リョウシ リキガク ノ スウガクテキ コウゾウ
書名別名 Ryoshi rikigaku no sugakuteki kozo
シリーズ名 朝倉物理学大系 / 荒船次郎 ほか編 7
巻冊次 1
出版元 朝倉書店
刊行年月 1999.7
ページ数 242, 71p
大きさ 22cm
ISBN 4254136773
NCID BA42111511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99116680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想