均等法の新世界 : 二重基準から共通基準へ

浅倉むつ子 著

均等法、労基法の改正で開かれる世界は?自らの研究生活の歩みを均等法の展開とともにしてきた著者による改正均等法の解説決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 均等法が改正されるまで(八五年均等法の機能と限界
  • 九七年法改正に至る経緯)
  • 2 改正均等法-第二ステージへ(福祉法的性格の払拭
  • 法の目的と基本理念
  • 全体の構成と条文ごとの適用除外 ほか)
  • 3 基本的な労働条件(女性保護の見直し
  • 妊娠・出産保護(母性保護)
  • 男女労働者に対する時間外・休日労働の規制 ほか)
  • 4 資料(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(抄)
  • 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律施行規則
  • 募集及び採用並びに配置、昇進及び教育訓練等について事業主が適切に対処するための指針 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 均等法の新世界 : 二重基準から共通基準へ
著作者等 浅倉 むつ子
書名ヨミ キントウホウ ノ シンセカイ : ニジュウ キジュン カラ キョウツウ キジュン エ
書名別名 Kintoho no shinsekai
シリーズ名 男女雇用機会均等法
有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1999.6
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4641280207
NCID BA42029975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99109065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想