プルースト/バタイユ/ブランショ : 十字路のエクリチュール

ロジェ・ラポルト 著 ; 山本光久 訳

言葉に変えることの至難な、制作の永久革命の不可避の秘密に肉迫した理論書であり、「書く」=「読む」ことを主人公としたスリリングな小説であり、人間と世界を頌える美しい詩篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マルセル・プルースト(マルセル・プルースト-話者と作家)
  • 極点へ-ジョルジュ・バタイユとモーリス・ブランショ(静寂のさなかの雄鶏の叫び声
  • パッション
  • 謎の災厄こそが光をもたらす)
  • ラポルト、または限りなく『貧しいもの』へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プルースト/バタイユ/ブランショ : 十字路のエクリチュール
著作者等 Laporte, Roger
山本 光久
ラポルト ロジェ
書名ヨミ プルースト バタイユ ブランショ : ジュウジロ ノ エクリチュール
書名別名 A l'extrême pointe

Marcel Proust

Purusuto bataiyu buransho
出版元 水声社
刊行年月 1999.6
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 4891763868
NCID BA42020981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99101215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想