数学おもちゃ箱

志賀弘典 著

数学は役に立たないから学ばなくてもいいという論調が見受けられる風潮に抗して、素朴な話題から出発し、数学のおもしろさ、不思議さ、奥深さ、根底に流れる秩序を探る。数学の広大さ・数学する動機を伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数論と現代暗号理論
  • 第2章 結び目の数理
  • 第3章 連分数とその応用
  • 第4章 母は強し,しかし母関数はあら不思議
  • 第5章 世界を映す丸い手鏡=1次変換論要説
  • 第6章 数学の技法としての本歌取り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学おもちゃ箱
著作者等 志賀 弘典
書名ヨミ スウガク オモチャバコ
出版元 日本評論社
刊行年月 1999.7
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 4535782903
NCID BA41988903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99106348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想