日本の満州支配と満州伝道会

韓晰曦 著

日本が満州支配に至る経緯、満州帝国の実態とその民衆統制はどんなものであったのか。今まで記述されることの少なかった歴史を、キリスト教伝道を推進した「満州伝道会」の興亡を通して明らかにした労作。著者は、1998年死去。遺作となる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 満州伝道会の成立
  • 2 第一期(1933‐34年)三教会の設立
  • 3 第二期(1935‐37年)三教区による伝道
  • 4 東亜伝道会への改称とその伝道(1938‐40年)
  • 5 東亜伝道会の末路(1940年12月‐43年6月)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の満州支配と満州伝道会
著作者等 韓 晳曦
韓 〓曦
書名ヨミ ニホン ノ マンシュウ シハイ ト マンシュウ デンドウカイ
書名別名 Nihon no manshu shihai to manshu dendokai
出版元 日本基督教団出版局
刊行年月 1999.6
ページ数 219p
大きさ 22cm
ISBN 4818403466
NCID BA4192759X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99117554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想