現代の「食」を考える : フードシステム構成主体の役割を問う

高橋正郎 編

今日的な「食料・食品問題」を学際的に研究しようと農業経済学、食品経済学、食品マーケティング、食品製造工学、食品栄養学など多彩な学者・実務家で組織している日本フードシステム学会では、1998年6月20日、東京大学大学院農学生命科学研究科の第8講義室において"現代の「食」を考える"と題するパネルディスカッションを開催した。本書は、その内容を取りまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 パネルディスカッションの課題と進め方(討論課題とその内容
  • 討論の進め方)
  • 2 各パネリストからの発言(農業生産者の立場から
  • 食品製造業の立場から ほか)
  • 3 質疑応答と全体討論(「食」の現代をどうみるか-遠く離れた「食」と「農」の距離
  • 42%にも下がった食料自給率と食材としての国産農産物-「川中」の食品産業と「川上」の農業とどう連携させていくか ほか)
  • 4 討論会場で提出された「質問・意見票」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の「食」を考える : フードシステム構成主体の役割を問う
著作者等 日本フードシステム学会
高橋 正郎
書名ヨミ ゲンダイ ノ ショク オ カンガエル : フード システム コウセイ シュタイ ノ ヤクワリ オ トウ
書名別名 Gendai no shoku o kangaeru
シリーズ名 フードシステム研究シリーズ / 日本フードシステム学会 編 no.3
出版元 農林統計協会
刊行年月 1999.6
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 4541025159
NCID BA41915138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99109342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想